オナニー

射精を我慢する方法とコツ!オナニーやセックスで早漏を無理なく改善

射精までの時間を伸ばすことが可能

管理人
管理人

こんにちわ「ピコパコ」管理人の槍田(@piko_pako_com)です。

射精をする仕組みをちゃんと理解すれば、早漏の悩みは自力でも解決できます。

この記事では、射精が我慢できない「原因」とその「対策方法」について詳しく紹介していきます。

射精を我慢したい方や、早漏で悩んでいる方は是非参考にしてみて下さい。

\FANZAのエロ動画が無料見放題/

高画質なエロ動画を無料で視聴したいあなたへ!FANZA (旧DMM.R18)では2,000本以上のアダルト動画が、なんと30日間も無料見放題になるんです!

深田えいみ

登録の方法も簡単♪期間内の解約で料金は一切かかりません。登録後、すぐに見放題のエロ動画を楽しめます。

運営会社も大手企業だから安心して利用できますよ。

FANZA (旧DMM.R18)公式はコチラ

まず、射精が我慢できない原因3つ

まず、射精が我慢できない原因3つ

男性が射精を我慢できないのには、ちゃんとした原因があります。

原因をちゃんと理解すれば、どんな風に解決すればいいのか、道筋も見えてくるでしょう。

1.すぐに性的興奮をしてしまう

男性は「性的な興奮」が高まると、脳の射精中枢が反応しペニスから精子が放出されます。

なので、この性的興奮を抑える事ができれば、射精を我慢する事ができるのです。

興奮の高まりは人それぞれ

興奮の高まりは人それぞれ

どういったもので興奮が高まるかは人それぞれです。

特に決まった基準値もないので、自分がどういったもので興奮するのか知っておくと、性的な興奮をコントロールする事ができるでしょう。

脳をリラックス状態にする事が大切

性的興奮を抑えるには、脳をリラックス状態にする事が必要です。

なので、心身をしっかりと休められる状態を作りましょう。

のちほど、より具体的な方法を記述します。

参照:勃起と射精のしくみ【丘の上のお医者さん 女性と男性のクリニック】

2.精子が満タンになっている

管理人
管理人

せいのうにたくさんの精子が溜まっていると、射精をしたいという欲が出てきてしまいます。

特にオナ禁をしている男性は、月日が立つごとに「射精欲求」が高まっていき、最終的には「早漏」になってしまう可能性も出てくるので注意が必要です。

精嚢の中の精子は3日で満タンに溜まるので、3日に1回はオナニーやセックスをして精子を出していきましょう。

参照:日本人の「精子力」が危ない!! 禁欲はNG! 下半身の「放熱」を【FNN.jpプライムオンライン】

3.ペニスの感度が過敏

射精を我慢できない人の特徴の1つとして、ペニスの感度が普通の人よりも過敏というものがあります。

ペニスの感度が過敏な人は、外部からの刺激に慣れていないので、すぐに射精をしてしまうのです。

感度が良いペニスを鈍らせるには、セックスやオナニーを定期的に行い、外部からの刺激に慣れさせましょう。

射精・早漏を我慢する5つのコツ

射精を我慢する5つのコツ

次に射精を我慢する為のコツを紹介していきます。

今すぐに実践出来る内容が多いので、自分に合ったものがあれば、今日からでも取り入れてみて下さい。

a.リラックスした状態を保つ

射精を我慢するには、脳をリラックスした状態にしなければいけません。

オナニーやセックスに集中しすぎて、性的興奮が上がった状態に入ってしまうと、脳が強制的に射精の命令を出してしまうので注意が必要です。

ペニスへ刺激を与えるときは気をつける

ペニスへ刺激を与えるときは気をつける

性的興奮が上がってしまったら一度ペニスに刺激を与えるのをやめ、深呼吸をしましょう。

深く深呼吸をすることで、脳はリラックス状態に入り射精を遅らせる事ができます。

参照:誰でもすぐに実践できる「脳を最高の状態にする」12の習慣|リクナビNEXTジャーナル

行為中は休憩するのもあり

セックス中に射精を我慢したいのであれば、途中で休憩するのもありです。

一回休憩を挟むことで、興奮を抑えることができ脳をリラックスさせる事ができます。

b.刺激が弱い体位を行う

b.刺激が弱い体位を行う

セックス中はペニスへの刺激が弱い体位を行えば、射精の時間を伸ばすことができます。

日本には「48種類」の体位が存在しますので、様々な体位を体験するのもいいと思います。

騎乗位がオススメ

射精を我慢したい人には「騎乗位」がオススメです。

自分はあまり動かなくていいので、射精の我慢に集中しやすくなります。

騎乗位なら女性が主導権を握ってペニスに刺激を与えるので、射精のコントロールを相手に任せることができるのです。

自分に合った体位を選ぶのもポイント

どの体位が一番射精しにくいかは個人差があります。

なので、様々な体位を試してみて、最終的に自分の体に合った体位を選びましょう。

参照:セックス体位48手パート1|風俗部

c.刺激が弱い体位を行う

b.刺激が弱い体位を行う

自分が好む「性感帯」の箇所と「快感を得られる触れ方」を知っておくのも大切です。

射精を我慢したいのであれば、性感帯ではない箇所を中心に攻めれば、射精までの時間を伸ばす事ができるのです。

自分の性感帯を知っておけば、オナニーとセックス、両方の射精までの時間を伸ばす事ができるので、一度性感帯について考えるのも効果的です。

参照:男の性感帯20選|感じる愛撫の仕方も紹介 | 風俗部

d.コンドームを2重で付ける

管理人
管理人

射精を我慢するために、ペニスに付けるコンドームを2重や3重にしてセックスに挑む方法があります。

コンドームを多く付ければ、それだけ外から受ける刺激が弱くなるので、結果として射精を我慢できるのです。

ただし、コンゴームを重ねて付けると、コンドーム同士が摩擦をし合い、ゴムが破れてしまう可能性もあるので、2重にする際は注意して行いましょう。

e.早漏防止サプリを活用する

手っ取り早く射精を我慢したいのであれば、「早漏防止サプリ」を飲むのも対策方法の1つです。

早漏防止サプリを選ぶ注意点として、「リラックス効果」や勃起したペニスの「持続性」を上げる効果を持つサプリを選びましょう。

毎日数粒を水と一緒に飲むだけなので、続けるのも簡単で早い方は1ヶ月もしない内に効果を実感しています。

早漏が改善できる3つのオナニー・トレーニング法

射精が我慢できるようになる3つのトレーニング法

射精を我慢する事だけに特化した「トレーニング方法」を紹介していきます。

お金を使わずに自宅でも出来るものを選定しましたので、時間がある時に一度試してみて下さい。

イ.亀頭オナニでペニスを鍛える

普段している「オナニー」でも、刺激の強いペニスに鍛え上げることができます。

オナニーはお金もかからないので、快感と感度の強いペニスが手に入り一石二鳥です。

亀頭オナニーがオススメ

亀頭オナニーがオススメ

射精を我慢したい方にオススメのオナニー方法は、「亀頭オナニー」です。

亀頭オナニーは、男性が最も感じやすい「亀頭」を中心に刺激するオナニーで、意識して行うことでペニスが外部から受ける刺激に強くなります。

男性の気持ちいオナニー方法を紹介!はコチラをクリック

男性の気持ちいオナニー方法9種類とやり方を紹介

射精の時間を伸ばせる

亀頭に耐性がつくと、射精までの時間も伸ばすことができます。

セックス中の挿入は亀頭を中心に刺激を受けるので、亀頭に耐性がつけば、自然と射精までの時間が増えるのです。

毎日をオナニーをしている人は、今日からでも「亀頭オナニー」に切り替えてみましょう。

参照:亀頭オナニーを極めて未知の快感を手に入れる方法まとめ

ロ.腹式呼吸を毎日行う

ロ.腹式呼吸を毎日行う

「腹式呼吸」は、脳と体をリラックスさせる呼吸法です。

性的興奮がすぐに高まる人は、どれだけリラックス状態でいられるかがカギになります。

セックスやオナニーをする前に、「鼻からゆっくり息を吸い込み、口からゆっくり息を吐き出す」というのを繰り返してみましょう。

いつもよりも性的興奮が抑えられるので、射精までの時間が伸ばすことが可能になります。

参照:腹式呼吸でリラックス!からだのすみずみまで酸素を巡らせて自律神経のバランスを整えよう♡|AMPLEUR Fan

ハ.「スクイーズ法(射精を一時的に止める)」を試す

射精を我慢する方法の中の1つに「スクイーズ法」というものがあります。

「スクイーズ法」とは、ペニスを刺激して、精子が出そうになったらペニスを手で圧迫して、射精を一時的に止めると言うトレーニング方法です。

射精までの時間を伸ばすことが可能

射精までの時間を伸ばすことが可能

スクイーズ法を長い期間かけて行う事で、射精までの時間を徐々に伸ばすことが可能になります。

射精までの時間を伸ばすことができれば、結果として射精を我慢できる様になるのです。

強い力で「スクイーズ法」を試すのは危険

スクイーズ法を行う際は、力加減に気をつけましょう。

射精はペニスの亀頭部分をギュッと圧迫する事で止めれますが、あまり強い力を与えてしまうと亀頭を傷つける恐れがあるのです。

まずは弱い力で試し、徐々に力を強めるやり方がオススメです。

参照:その早さに困っている男性に推奨 「スクイーズ法」のやり方|NEWSポストセブン

射精を我慢する事で得られるデメリットとメリット

射精を我慢する事で得られるデメリットとメリット

射精を自分で我慢できる様になると、どの様な「デメリット」や「メリット」があるのでしょうか。

「デメリット」と「メリット」の2つについて紹介していきます。

デメリット

射精を我慢する事で出てくる「デメリット」は以下になります。

  • 痛みが発生する事がある
  • 精液への出血
  • 炎症の恐れがある

射精を我慢すると、ペニスの痛みや炎症が発生する場合があります。

症状がひどいと病院に通わなければいけない恐れがあるので注意しなければいけません。

間違った方法でペニスを扱ってはいけない

間違った方法でペニスを扱ってはいけない

間違った方法でペニスを触ったり、鍛えていると炎症してしまいます。

とくにペニスは強くこするのは危険です。

赤く腫れあがり、炎症が悪化してしまう可能性もあるのです。

血管が弱くなっている時の射精はNG

精液への出血は、上記で起きた炎症で血管が弱くなっている時に、射精をしてしまうと起きる事があります。

ただ痛みや炎症などは、僅かな確率でしかならないので、正しいペニスの触り方に気をつければ心配する必要はありません。

メリット

メリット

射精を我慢する事で得られる「メリット」は以下になります。

  • 早漏が改善する
  • 女性を中イキさせられる
  • 自分のタイミングで射精できる

まず一番嬉しいメリットは、「早漏を治せる」という事です。

いきなりは難しいかもしれませんが、少しずつ努力していけば、改善できる見込みはあります。

セックスが楽しくなる

射精を我慢できる能力が身につけば、AVで観るような様々な体位も楽しめます。

早漏の人の多くは、体位を変える前に射精してしまうので、セックス中のプレイ内容が増えるのは嬉しいメリットの1つです。

射精の回数と頻度を増やす方法を紹介!はコチラをクリック

射精の回数と頻度を増やす方法!おすすめ食材やサプリも紹介

女性にも喜ばれる

射精までの時間が伸びれば、セックスの挿入時間も伸ばすことができるので、快感もより感じる事ができます。

女性が好む理想の挿入時間は20分弱と言われているので、この数字を目指して射精をコントロールできるようになりましょう。

参照:セックスの時間を徹底考察!前戯と挿入、理想は何分?

まとめ

管理人
管理人

「すぐに射精をしてしまうのは病気ではないか?」と心配している男性も多いと思いますが、射精までの時間は自力で伸ばす事が可能です。

病院や高い薬に頼る前に、この記事で紹介した、射精を我慢するコツやトレーニング方法を一度試してみてください。

射精を我慢できる様になると、様々なメリットが得られますよ。

◆目的別で探す◆

-オナニー

© 2020 ピコパコ